古代部

故きを温ねて新しきを知らば 以て師と為すべし